Waikiki Landmark – ワイキキ・ランドマーク

 

ワイキキ・ランドマークは1993年に完成した35階建てのコンドで、計217戸のユニットを有します。こちらのビルはオアフ島のワイキキ地区でも最高級のコンドとして開発されました。2棟の三角形のビルには1ベッド、2ベッド、3ベッドルームのユニットがあり、上層階5階分を占めるペントハウスが2棟を橋渡しするように設計されているため特有の外観があります。ビルの外観はアクア色の反射型ガラスとピンク色の花崗岩パネルを使用しています。地上1階には大型の小売店とインターネット・カフェが入居しており、2階はオフィス用スペースとなっています。

ユニットには様々なタイプが揃っており、ワンルームタイプ、1ベッド、2ベッド、3ベッドルーム、そして4ベッドルームのペントハウスがあります。全てのユニットは全館空調設備が整っており、専用駐車場が付いています。ワンルームタイプのユニットはラナイ付きの613平方フィート(56.95㎡)です。1ベッドルームのユニットは約875平方フィート(81.29㎡)、2ベッドルームは1128から1534平方フィート(104.8~142.5㎡)でペントハウスは非常に広く2170から4885平方フィート(201.6~453.8㎡)の物件があります。価格帯に関しては大変幅が広く、安いものでは50万ドルから高いものは700万ドルまであります。(9ベッドルームのペントハウスは1250万ドルでご購入いただけます。)

共有施設としては本格的なラップ・プール、大型のホット・タブ、2か所のスパ・センター、リクリエーションエリアには滝もあります。セキュリティは最新型設備を採用しており専属警備員が監視カメラとキーカードの利用をモニターする事で訪問客と住民の安全を守っています。