Loft at Waikiki – ロフト・アット・ワイキキ

 

ロフト・アット・ワイキキは2007年に完成した比較的新しいビルで、大変落ち着いたコンドで有名です。こちらのビルは6階建てで、総ユニット数が36戸です。ビル自体は小さく見えますが、戸数が少ないためユニットの広さは他に類を見ない1215平方フィート(112.9㎡)の床面積と天井までの高さが19フィート(5.8m)という広々と解放された空間を誇ります。

ユニットの間取りは広さが1047から1099平方フィート(97.27㎡~102.1㎡)の2ベッドルームが中心ですが、6階には3ベッドルームのペントハウスが3戸あります。全てのユニットにはラナイ、2つの11フィート大聖堂型窓、ステンレススチール製のSub-Zero(サブ・ゼロ)、Bosch(ボッシュ)やWolf(ウルフ)社製の高級電化製品が据付けられた最先端のキッチンとジェットスパ付浴槽、幅4フィートx高さ8フィート(1.2x2.4m)のアールデコ様式のドアが玄関を含む全ての部屋の出入口に設置されています。3階から5階のユニットは天井の高さが12フィート(3.65m)あり、6階のペントハウスは15フィート(4.57m)あります。中央のペントハウスは天井の高さが19フィート(5.8m)あり中二階も設けられています。2ベッドルームのユニットは70万ドル~となっています。広々とした間取りをお求めの方に最適の物件です。

共有施設としてBBQエリア、青々とした中庭、65フィート(19.8m)のラップ・プール、日光浴デッキ、スパ、超大型エレベータ、電子セキュリティ設備、広々とした駐車場と全館空調設備が整っています。